カムイミンタラ<<北海道アイヌ語地名サイト カムイミンタラに戻る
宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏@(旭川駅〜蘭留駅)

宗谷本線

2010年6月末、前回抜海に行って以来・・・まだ3ヶ月ほどなんですが。。。(笑)前回のリベンジ?を果たすべく私は飽きもせず抜海を目指しました。勿論一番の目的は抜海から利尻を見るだけにほかなりません。

最近の私の目的はどうも「抜海から利尻を見る」それ以上もないけどそれ以下もない。。そんな旅行ばかりしているような気がします(笑)その過程の抜海への道、宗谷本線も楽しい旅の過程です。過去に何度も宗谷北線を紹介してますが今回は天気もよく最高でしたので、宗谷本線らしく?旭川から抜海までの旅を車窓中心にご紹介したいと思います。

あわせまして少しでも多くの人に宗谷本線をご利用いただければと思っております。写真はすべて22年6月末撮影で名寄までは稚内方向右側車窓中心になります、実感を出すためわざと車両を少し入れた写真が多くなっておりますのでご了承ください。(尚 当然ですが撮影は自己責任ですので細心の注意を払っています。)

急行はまなす

私の旅はいつものように某所から、ちんたらのんびり鈍行でみちのくをひたすら北上します。青森までは毎回苦行みたいなもんです(笑)、ただひたすらにロングシートで本を読んだり車窓を見たりしてます。ようやく、青森駅で札幌行きの急行はまなすに乗ったとき、私の本当に北の旅が始まったような気がします。この日は夜も天気よく月光に光る津軽海峡や函館の夜景を堪能しました♪今まででもベストに近い天気のよさでした。夜だって見逃せない景色もあるものです。でも函館を過ぎると用がないので人間らしく寝ます(笑)

樽前

冬は終着札幌駅まで真っ暗な「急行はまなす」もこの時期は朝が早い。洞爺ぐらいから明るかったような??この時間、私にとっては超ロイヤル大事なワールド杯デンマーク戦をやってます。旅の計画後に気づいて「げぁ〜仕舞った。」と思いましたが、運がいいことにお隣の方にワンセグで見せていただきました♪大感謝。。ちょっと寝坊して前半30分過ぎからみましたが、スコアは小さいけど何度見ても2〜0で勝っているし。夢じゃないけど夢のような感動を列車で体験しました。

ワンセグというも小さいけどはっきり見えるし時代の進化に驚きました。単に私が進化出来てないだけなんですがね。。。(笑)サッカーもいいけど、朝の樽前山もとても素敵な風景で、北海道に来たなぁと心が躍りました♪しかもサッカーは勝つし。かって経験がないほど今日はいい日です。人生こんな素晴らしい日があることに感謝です。

キハ54

札幌に到着、今回は時期が時期だけに高級な周遊切符なので堂々と男らしく??特急列車に乗れる男に出世しました(爆)いつもは眠いとか言いながら、新札幌から厚別駅まで急ぎ足してるんですがね(爆)

札幌駅では待合室の大型テレビでワールドカップにニュースをずっと噛付いて見ていました。本田に遠藤のフリーキック最高です。。札幌駅にはちらほらサポーターの姿が見えましたがなんか浮いてましたね(笑)、7時台の網走行き特急オケーツクで旭川を目指します。空知もご覧のとおりいい天気。今日はほんと最高です♪

宗谷本線

1時間半ほどでOKーツク旭川駅到着、いつもは疲れて結構くたくたですが昨日の急行はまなすはドリームカーだし、旭川までも特急だし、サッカーは勝つし超元気です。ここからはいつものように鈍行で抜海まで北上するのでしばし休憩しました。

宗谷本線

ここから宗谷本線鈍行列車の旅が始まります。乗ったのは旭川駅11時15分発の快速「なよろ」抜海へ行く際の半分以上はこの列車を利用してます。旭川市街を抜け牛朱別(うしゅべつ)川あたりからようやく北海道の屋根「大雪」が見えます。ちなみに牛朱別はウシシ・ペッ(鹿の蹄・川)からきたアイヌ語地名です。

宗谷本線

今日は大雪見えて最高♪

宗谷本線

たぶんここは新しい永山新川。

宗谷本線

大雪より右側には十勝連峰もよく見えていました。おぉオプタテシケとか好きな山を車窓から楽しみます。今日は気温も30度近く、窓を思いっきり開けて丁度気持ちがいい感じ。。今回は予想を越えるいい旅行になりそうで胸が高鳴ります。

宗谷本線

北海道はお空が広くて気持ちがいいなぁ〜、旭川付近の宗谷線はこんな上川らしい田園地帯が多いですがやっぱり大雪が見えると風景が絞まりますね。

宗谷本線

それにしても大雪最高にいい天気、あぁ旭岳今日登ったら最高だろうなぁ。。。。20年ほど前に登った旭岳や旭岳温泉を思い出します。何と言っても旭川から旭岳温泉まで当時でも1200円ほどしたバス代が宿泊すれば往復無料になる安さで何度か行った旭岳が懐かしい。。ってやっぱり安いのに弱い激安人間です(^^;

宗谷本線

北海道の大河石狩川を渡ります。いつもこの区間うたた寝してるか本読んでることが多いのではじめてゆっくり楽しんだ気がしました(汗)

宗谷本線

ピップエレキバンで有名な比布駅。でも最近はCM見ませんね。。最初はうそ(CMセット)と思ったCMでしたが実際にある駅と知ったときは本当に驚きました。ちなみにアイヌ語のピピ(石・石)またはピプ(石・もの)といった石にまつわる川やたんに石が多いところといった意味の地名と考えられます。

宗谷本線

列車は塩狩峠の手前 蘭留駅に到着、アイヌ語でラン・ル(下る・道)から、アイヌ語地名通りこの駅の先から坂道(塩狩峠)にはいります。続きはAをご覧ください。

このページからお入りのお客様、内容盛り沢山?カムイミンタラすべての項目はこちらからどうぞ♪

アイヌ語地名サイト「カムイミンタラ」

その他もアイヌ語地名や宗谷・稚内・利尻・礼文・樺太・千島など内容盛り沢山?のカムイミンタラです。宜しければ下記リンクよりごらんください♪
(他にもいろいろありますが(^^; )

宗谷北線関連コンテンツ

宗谷線雪レ スケッチ@ 宗谷線雪レ スケッチA

冬の宗谷線スケッチ2011@ 冬の宗谷線スケッチ2011A

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏@ 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏A 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏B

宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏C 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏D 宗谷本線鈍行列車の旅 2010夏E

宗谷本線 車窓の旅 春@ 宗谷本線 車窓の旅 春A 宗谷本線 車窓の旅 春B

宗谷本線各駅停車 車窓の旅@ 宗谷本線各駅停車 車窓の旅A 宗谷本線各駅停車 車窓の旅B

宗谷北線のアイヌ語地名 宗谷北線のアイヌ語地名A 宗谷北線のアイヌ語地名A

宗谷線 旅日記(08年)  厳寒の宗谷北線 スケッチ  早春の宗谷線スケッチ

礼文島関連コンテンツ

レプンシリ2008 @元地編  レプンシリ2008 A桃岩編  礼文島 知床編

礼文島 4時間コースのアイヌ語地名 礼文島 南部(桃知コース付近)のアイヌ語地名

利尻関連コンテンツ

稚内カムイトウ 利尻スケッチ2010  利尻スケッチ2010初夏@ 稚内市抜海村 利尻スケッチ2010初夏A 稚内市抜海村

抜海村利尻スケッチ2009@ 抜海村利尻スケッチ2009A

  稚内抜海村 利尻スケッチ 稚内抜海村 利尻スケッチ(08年・夏)  

利尻写真日記 利尻島のアイヌ語地名さんぽ@(鴛泊〜鬼脇)  利尻島アイヌ語地名さんぽA(鬼脇〜沓形)

利礼航路関連コンテンツ

Heart Land Ferry 最北航路の旅  利礼航路(東日本海フェリー)写真館  利礼航路(ハートランドフェリー)写真館 K

天北線関連コンテンツ

天北線さんぽ@(音威子府〜小頓別) 天北線さんぽA(小頓別〜敏音知) 天北線さんぽB(敏音知〜松音知)

天北線アさんぽC(松音知〜新弥生) 天北線さんぽD(新弥生〜浜頓別)

稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)@  稚内 天北線アイヌ語地名さんぽ(声問〜樺岡)A

天北線のアイヌ語地名 

稚内・宗谷関連コンテンツ

稚内 声問アイヌ語地名さんぽ 稚内 増幌アイヌ語地名さんぽ にっぽん紀行 私的最北無人駅の旅

サロベツ原生花園スケッチ 2010 抜海原生花園スケッチ 2010 抜海駅 2010

稚内スケッチ 2010@  稚内スケッチ 2010A 南稚内駅

抜海 勇知アイヌ語地名さんぽ@ 抜海 勇知アイヌ語地名さんぽA 稚内 増幌川流域のアイヌ語地名河川

早春の稚内抜海村 利尻スケッチ  稚内 声問川のアイヌ語地名河川 稚内駅

宗谷・稚内 アイヌ語地名さんぽ 稚内市抜海村とサロベツ アイヌ語地名さんぽ  稚内・花柄クジラ号で行く最涯ネイチャー紀行

宗谷岬付近のアイヌ語地名@ 宗谷岬付近のアイヌ語地名A  稚内サロベツ抜海紀行 (2008年初春編)

吹雪の稚内さんぽ@(勇知編)  吹雪の稚内さんぽA(声問編)  利尻サロベツ抜海紀行 2007年

仮想・稚内西海岸鉄道の駅名標 仮想・宗谷岬鉄道の駅名標  ようこそ!稚内・抜海村 アザラシご案内

初夏の稚内・抜海村紀行 稚内・抜海浜辺の日記(08年・春)  稚 内 北防波堤ドーム

抜海村冬紀行05年 春の抜海村紀行06年 抜海駅